この記事はPRを含みます

ノアンデの成分を検証!ワキガにメリットがある5つの成分について

ノアンデの成分を説明している女性

ワキガの悩みをきちんと解決するために誕生した「ノアンデ・アドバンスド・トランスパ」はなんと創業から11年の歳月をかけて開発されたワキガクリームです。

デオドラントスプレーやロールオンタイプの制汗剤よりも、使用感がよく効果が実感しやすいと人気のクリームタイプですが、テクスチャーが変わればすべてよい製品とも限りません。ノアンデがベストセラーになっているのはこだわりの配合成分のため。とくに注目したい5つの成分について詳しく特徴や効果をご説明したいと思います。

菌の増殖を抑えるイソプロピルメチルフェノール

2大有効成分の働きでノアンデの殺菌率はほぼ100%

ノアンデの成分はワキガが発生する仕組みを考えて考慮されていますので、普通の汗のニオイ対策とは違うレベルでの消臭が可能です。ワキガはアポクリン汗腺で分泌される汗がニオイの原因。この汗には皮脂や有機酸、タンパク質などが含まれ菌の餌となり発生します。そのためアポクリン汗腺の量が多い人はワキガになりやすく、この汗腺はワキやデリケートゾーン、乳首などの特定部位に集中しています。

ノアンデはまず汗を分解してニオイを発生させる菌の活動に注目し、増殖しないための殺菌有効成分イソプロピルメチルフェノールを配合していることが特徴。この成分はワキガ対策以外にも皮膚疾患の治療薬などでも使用されています。いくら汗を拭き取っても菌が多いとワキガはケアが難しいので、根本から改善できるのがノアンデといえるでしょう。

発汗バランスを安定させるパラフェノールスルホン酸亜鉛

パラフェノールスルホン酸亜鉛は汗のバランスを整える有効成分です。ノアンデの魅力になっている2大有効成分のひとつで、ワキガの菌が餌にする汗の量を抑える働きがあります。制汗成分は色々ありますがワキガの場合はアポクリン汗腺の汗が原因になるので、少量でもすぐにニオイが広がる恐れがあります。

この成分の特徴は強い収れん性があり汗腺を引き締める働きが人気。金属塩の一種で、同じく制汗作用のある塩化アルミニウムよりは制汗効果は少し劣るといわれています。しかし肌に与える負担が少なく、長く対策を続けるワキガの悩みには有効で、厳しい基準をクリアした有効成であることも魅力といえるでしょう。

ワキガクリーム以外にはシャンプーや洗顔料、ハンドソープなどにも含まれています。この成分は汗自体に働き欠けるのではなく汗腺を収縮させること。またパラフェノールスルホン酸亜鉛は汗に反応して汗腺に蓋をする働きもあるため、汗かき体質にも効果が期待できます。

肌の奥まで浸透するナノ化成分のシャクヤクエキス

シャクヤク

ノアンデの成分は天然由来成分を豊富に使用し肌に負担がなく優しく消臭ケアができます。ノアンデの自慢ともいえる透臭サポート成分、独自技術でナノ化したサイズで肌のすみずみまで届くようにこだわっています。

この成分には体臭ケアで人気の柿タンニンや茶エキスをはじめ、注目されているのがシャクヤクエキスです。シャクヤクという植物の根から抽出するエキスで、日本では皮付きの根を蒸して作る「赤芍」が主に使用されています。

薬草として使用されているシャクヤクですが、歴史は古く中国では紀元前300年代ごろから鎮静剤や解熱剤として使われていたともいわれています。日本では女性の不調に効果があるとして様々なシーンで利用されることも。

ノアンデでシャクヤクが成分として配合されているのは、優秀な抗菌作用があるためです。人間の皮膚上に存在する様々な微生物はバランスを整えることが大切。黄色ブドウ菌や表皮ブドウ菌、アクネ菌などの悪玉菌の働きを抑制するサポート効果があります。

古来伝承の力でワキガ消臭をサポートするワレモコウ

ワレコモウ

殺菌と抑汗の有効成分だけでなく、肌に安心で自然の力を使うノアンデ。成分のなかで注目したい「ワレモコウ」は抗アレルギー、美白、抗菌、抗炎症などの効果が期待できます。ワレモコウはバラ科植物で、根から臭出するエキスがあらゆる商品で使用されています。

ワレモコウは日本各地をはじめヨーロッパに分布する野草のひとつ。根っこ部分にはサポニンが含まれ薬理学的に止血作用が高い点も注目されています。

ノアンデの成分として使用される理由は収れん作用が高いため。ワキガの原因は汗と菌をブロックスすることがコツになりますので、有効成分の制汗作用をさらにバックアップするために重要な役割を持っています。ワレモコウはスキンケア製品をはじめ、ヘアケア、頭皮ケア、シートパック成分などにも使用されています。

プラセンタでダメージを受けた肌をしっかりケア

プラセンタは美肌ケアで皆さんもお世話になることが多い成分だと思います。ノアンデの成分にプラセンタが含まれているのは肌環境を整えるため。一般的なワキガクリームや制汗剤は消臭をメインにするため、肌に刺激が強く赤みやかゆみの原因になることがよくあります。

プラセンタは胎盤のことで胎児を育てるために数多くの栄養素が含まれている大切な器官。アミノ酸など肌にも欠かせない栄養素が多く肌のハリやツヤ、くすみ改善などの美容効果が期待されています。

ワキは肌を見せる季節になると自信をもちたい部分のひとつですよね。脱毛サロンに通うと肌に負担がかかり乾燥や肌荒れの原因にもなります。ワキガは肌環境から見直すことも大切なので、綺麗な肌で消臭したい女性の熱い視線を集めていることもノアンデの特徴といえますね。

まとめ

ノアンデの成分は豊富な天然由来成分や効果が期待できる有効成分など、質の高さとバランスの良さはほかのワキガクリームよりも優れた部分がありますね。成分が色々入っているから安心、さらにそれぞれの成分の特徴や効果を知るともっとノアンデを使いこなしたくなるでしょうね。

\ワキガ対策はひと塗り/

ノアンデの公式サイトを見る

 

 

コメントは受け付けていません。